sakana blog Written by Suzuki

【スマブラSP】マリオ対策

スマブラ

基本的な立ち回り

密着は避ける
・ファイアボールはガードではなくかわす
・つかみは常に警戒
復帰阻止が大事
・空上は常に警戒

注意すべき撃墜技

・横スマ
・上スマ
・空後
・投げ
・空上から始まるメテオまでのコンボ
・空下
・崖奪いからの空後

基本的な立ち回り(詳細)

密着は避ける

つかみ、空N、弱攻撃、ガーキャン上スマといった密着時に発生が早い技が多い。
これらの攻撃が当たらない間合いで立ち回るのが基本
上手い人ではリーチの長めの横強を組み合わせてくるため、 横強だけ当たる間合いでガードを多めに立ち回る。 リーチの長い攻撃持ちのキャラなら横強も届かない間合いで立ち回るのが良い。

ファイアーボールはガードではなくかわす

相手が近距離にいる場合、ガードの硬直時につかみ、投げからのコンボにつなげられてしまう。
ダッシュガードではなく、ジャンプでかわすのが基本。ガードする場合は相手と十分に離れた位置で行う。

つかみは常に警戒

マリオのつかみはコンボの起点から撃墜までできる優秀な技の一つ。
つかみを防ぐことで被%は少なく済み、ダメージレースで勝ちやすい。 密着が強いキャラを使う場合、めくりを意識して、ガーキャンつかみは阻止したい。

復帰阻止が大事

舞台上でのマリオの弱点は少ないが、復帰力の弱さが一番の弱点。2段ジャンプ後に攻撃を当てることで低%で撃墜することも可。

復帰経路を限定させるために横方向に低いベクトルの攻撃を狙うのも良い(ヨッシーの下スマなど)。また復帰力の高いキャラを使う場合はマリオの上Bの復帰経路に技を置いて相打ち狙いの復帰阻止もおすすめ。

注意点としてマリオ側は復帰阻止に来た相手を空前でメテオ撃墜を狙うことが多い。真上から攻撃を当てるか、リーチで勝る攻撃を振ることが大事。

空上は常に警戒

空中から攻撃しようとすると空上で反撃されてしまうことが多い。発生、リーチが優秀であり、コンボの起点にもなる。一発当たると連続で当てられてしまう。
台があるステージや空中高くで当たってしまうと上Bにまで繋げられてしまい、早期撃墜されてしまうこともある。

不用意に上から攻めずに、地上戦または下に潜り込むように立ち回ることも大事。

注意すべき撃墜技(詳細)

横スマ

マリオで一番撃墜力がある技
舞台端で当たってしまうと70〜80%台でも撃墜されてしまう。空中攻撃で差し込んできた相手に引きステップからの横スマ、崖上がり読みの横スマがよく見られる印象。撃墜圏内%になったら無理に攻めすぎないほうが良い。

上スマ

発生が早く、後隙が少ない、かつ撃墜力が高い優秀な技。
技を出している最中のマリオの頭は無敵状態になるので、相打ちは狙わずにガードからの反撃がおすすめ。

後ろ方向のほうがリーチが長く、上手い人は反転してから上スマを使ってくる。これを狙ってやってくるマリオ使いは強い人。

110〜120%で撃墜圏内なので、この%帯では狙ってくるマリオは多い。崖や地上で横回避読みで置かれることが多い。

空後

舞台端、復帰阻止時に撃墜されることがある。舞台中心付近で命中しても撃墜はされにくい。
高%になると撃墜目的で積極的に使ってくるマリオ使いが多い。

投げ

主に舞台端で後ろ投げ撃墜を狙われる。
舞台端ではガードで固めて横スマなどを防ぐが、ガードが多すぎると横回避からの後ろ投げをされることが多い。
自分が高%相手が低%ならば舞台中心で戦うことが大事。

空上から始まる即死コンボ

舞台端では空前メテオ、上空では上からBまで繋げられてしまうと早期撃墜されてしまう可能性がある。
空上に当たらないことが大事だが、当たってしまった場合ずらし(主に外側)や空中回避で抜け出さなければならない。

空下

盲点の撃墜技。VIPボーダー付近ではあまり使われない印象。
空上で空中高く上げられた後にモタモタしてると空下で追い討ちされ上方向に撃墜されてしまう。特に台があるステージでは強い人は上手く狙ってくる

空中に上げられてしまうと危険なので、上げられてしまった場合思い切って崖付近まで横移動して地上ではなく崖掴まりする選択肢も視野に入れておく。

崖奪いからの空後

マリオは横B(マント)で崖掴まりが簡単に行えるキャラなので、VIP手前でも狙ってくる人は多い。予測してないと回避が間に合わないので、頭の片隅に置いておく。

崖奪いをされてしまったらベク変、空中回避、すぐに上がるといった方法で対応する。

 まとめ

投げによるコンボを常に警戒しながらリーチの長い攻撃でダメージを稼いでいくことが基本。

また復帰阻止が強いキャラなら崖から外に追い出しことを意識して、早期に復帰阻止で撃墜することがおすすめ。

コンボを繋げられたことでイライラしてしまうと動きが単調になり、引き横スマや置き上スマで撃墜されてしまうので、常に冷静に間合い管理することが大事。